スポンサーサイト

  • 2009.07.18 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


シロアリの正体

シロアリと聞くと夏になると出てくる虫で、木造家屋に棲みついて木材を食い荒らす害虫として嫌がられている印象が多いですね。
でも良く考えてみるとシロアリの事は、あまり知らない人が多いと思います。
そこで、ここではシロアリの事を詳しく説明しましょう。

シロアリは、昆虫綱のゴキブリ目シロアリ科の総称で、かつて独立目のシロアリ目に分類されていたそうです。
社会性の昆虫で植物の遺体などを食べ、熱帯地方を中心に陸上のほとんどの地域に存在していて、不完全変態なので幼虫は成虫とほぼ同じ姿だそうです。
シロアリの成虫になるまでには、ニンフと言う有翅虫の前段階の幼虫になり、その後、羽アリで成虫の生殖虫になります。
そのシロアリの翅は、4枚ともほぼ同じ大きさをしているそうで、そこから「等翅類」と名称されたそうです。

先程言ったように人間にとって木材を食べて生きているシロアリは、人間にあまり好まれていないようですね。
しかし、自然界においてはとても不可欠な存在のようで、セルロースなどの分解に携わる仕事をする重要な分解者だそうです。
また、シロアリと黒アリの羽アリは、羽があるとなかなか判りにくいですよね。
それを見分ける為の、一番の方法だとクロアリは堅い皮膚で覆われていますが、シロアリは柔らかいと言う違いがあります。
でも触って見るのは嫌ですよね。その時は羽の形で見分ける方法もあります。
クロアリの羽は前の羽が大きく、シロアリは4枚とも同じ大きさなのでそれで見分けるのも良いですね。


シロアリの生態

シロアリはアリと名前が付きますが、アリではなくゴキブリ目に属しているそうです。
しかし、アリと名前の中に付くぐらいですので、アリとの共通点も体の大きさや社会性昆虫である事が似ています。
また異なる事は、シロアリは不完全変態昆虫で体の形は変化しませんが、アリは完全変態を行う昆虫です。
その為、シロアリは働きアリは決められておらず、他の階級への分化能力を持っている未成熟の幼虫が働きアリになっています。
シロアリは、親が子の一部を不妊の兵アリにする事により真社会性になったと言われています。

そして以外な事がアリはシロアリにとって最も恐ろしい天敵だそうで、熱帯などではアリはシロアリを獲物にしています。
日本でもオオハリアリなどがシロアリを食べるそうですよ。

シロアリは熱帯から温帯に幅広く分布していて、日本には16種類ものシロアリが居ると言われています。
その中で家などに損害を与えたりするシロアリは、北海道旭川より南に生息するヤマトシロアリ、千葉県より南の太平洋側に広く生息するイエシロアリ。
ダイコクシロアリは、奄美大島より南にとそれぞれ住んでいるそうです。
また、アメリカカンザイシロアリは、アメリカ製の家具などに付いてやってきたと言われていて、この4種類が重に家などの建築物に損害を与えています。

皆さんの家に居るシロアリは、どの種類か調べてみて下さいね。
もしかしたら家に損害を与える事のないシロアリかもしれませんよ。


シロアリについて

シロアリの家に及ばす被害は、日本では3000億円程だと言われています。
それだけを聞いてしまうとシロアリは、家の木材食べる害虫の1つとして考えますね。
でも全てのシロアリが、家の木材を食べるわけでは無く、逆に少ないと考えられています。
現に日本に居るシロアリの16種のうち木材を食べるのは4種類と言われています。

実は殆どのシロアリは、古い木材を始め紙・草・植物などを食べて生きています。
また、自分の巣にキノコを栽培しているシロアリなどもいるそうです。

しかし家の木材を食べているシロアリは、やっぱり私達から見ると困った害虫に過ぎませんね。
何故シロアリが家の木材を食べるようになったか知っていますか。
シロアリは、木材や植物に多く含まれていたセルロースと言う繊維を食べ生きています。
私達も、家が無くなっては困りますのでシロアリをそのままにしておく事は、出来ませんね。
現在は、シロアリの役割を知り、その生態にあった対策を施しておけば良いと思われます。


最近は、森林伐採などが温暖化現象を作っていると話題になっていますし、この森林伐採の影響で、シロアリを始めたくさんの動物や生き物が困っています。
その為、シロアリも人間の家を始め、新聞や野菜の葉などセルローズを少量でも取れる物を生きる為に、食べているのかもしれませんね。
現在では、森林を増やす為に、人間が色々な活動を行なっていますので、私達に出来る方法で森林を増やす事に協力出来るといいですね。


シロアリの被害

シロアリ被害の話を耳にしますが、実際被害の状況や金額など、実際被害にあってみないと判らない人多くいるはずです。

アメリカのシロアリ被害を聞いてみると、火災・台風の被害を合計しても足りないくらい被害が多いそうです。
年間の被害は、60万棟以上にも及ぶそうで、被害額は、1件あたり1万$になるそうです。
1$を100円としてみても被害総額を考えるとビックリですね。

日本だと、3000億程度と言われていますが、正確な被害の統計が出ていないそうです。
しかし、阪神大震災の後に倒壊した家屋を調査したデータによると、何らかのシロアリ被害が発見されたそうです。
これによりシロアリが、家屋倒壊の被害を拡大させた一因になったと考えられているそうです。


でもこの様な被害に合う前に気を付けておきたい事は、早期発見・早期駆除が大切です。
何故かと言うと、被害が土台・柱・桁・梁などの接合部が多いからです。
その為、建物の強度の低下などに直結する恐れがあり、場所が見えない場所が多く、修理などが大掛かりなる事が多いので、出費を増やすと言われているからです。
羽アリが見つかったら、建物やシロアリの種類や被害の程度・範囲などを調べて、シロアリ対策を実施することが一番の予防法と言われています。
しかも最近では、害虫に強く人畜・土などに無害な薬もありますので、安心して駆除が出来ますね。
皆さんもシロアリを見たら早めに発見して、駆除して下さいね。


シロアリとクロアリ

クロアリとシロアリは、全く違う種類だと知っていますか。
見た目で異なっている所と言えば、アリは「黒く堅い皮膚のおおわれている」のに対して、シロアリの働きアリの身体は、白くて柔らかいそうです。
シロアリは、アリの仲間ではなくゴキブリの仲間に属していて、他にもアリは甘いものを好みますが、シロアリは湿気が好きと言う違いもあります。

また羽アリの状態ではどちらも黒く見えあまり判りにくいので、クロアリか、シロアリかを判別する際には、主に触角、胴体、羽で判別します。
シロアリの羽アリは、生まれ育った巣から旅立ち、パートナーを探し新しく巣を形成するために飛び出したものだそうです。
それでもシロアリとアリの区別がつかず困った事がある方には、羽アリのシロアリとアリとの見分け方について幾つか紹介します。
まずシロアリは数珠状で直線、でもアリの触覚は「く」の字型をしています
また、アリの羽根を見ると前羽根が後羽根より大きいのに対し、シロアリだと、4枚ともほぼ同じ大きさ、形をしています。
他にもアリは頭部・胸部・腹部の境目が分かれていて、くびれていますが、シロアリは寸胴です。

シロアリの羽アリは、巣から出て4・5月の晴天の日のお昼頃発生して、明るい方へ飛び立つ事が出来ます。
そして6・7月の蒸し暑い日の夕方から夜にかけて発生、電灯など明るい所に集まる習性があります。

このように、羽アリは飛び立った後にすぐに羽根を落とし、雌雄がペアになり巣になる場所を求め歩き回ります。
しかし、飛び立った殆どの羽アリは、そのまま死に絶えるそうですが、生き残ったペアは2〜3年のうちに数万から数十万の働きアリを育てるのです。


いろいろなシロアリ

シロアリが、食する物と言えば木材を主としますが、種類によっては、枯れ木・枯れ葉・その他の植物遺体を摂食するもの。
他にも熱帯などには地衣類を食べるものも居るそうです。
また、珍しいですがキノコを栽培するシロアリもいて、彼らは食べた材料を元に、キノコを栽培する為には、培養器を入れるための巣穴を特に作る必要があります。
タイワンシロアリは、地下に巣穴を掘って、あちこちにキノコ室を作るそうです。面白い巣の作り方ですね。
外にもシロアリの巣を見てみると熱帯のものには、地表に盛り上がったアリ塚(蟻塚)を作るものが多いそうです。

熱帯地方や乾燥した草原などのシロアリには、土や自身の排泄物などで巨大な「アリ塚」を築く種類もいるそうですよ。
アリ塚内は年間を通して温度や湿度の変化が小さいので、アリ塚を利用して生活するなど、巣を作る他の生物も多いそうです。
また草原に住むシロアリは、地上にある落葉や枯れ草を採集して巣を作るそうです。

他にも樹上生活をしているシロアリもいて八重山諸島に生息しているタカサゴシロアリは、樹木の幹に頭の大きさの丸い巣を付けるそうです。
餌にしているのは近くの枯れた幹だそうで、働き蟻がそれをくわえて運び込みます。
このように八重山などの熱帯地方のシロアリは、地表の枯れ木や枯葉を主として持ち込むものもいて、巣穴から働きアリが地表を歩いて取りに行くそうです。
隊列を作って餌運びをする働きアリの列の外側を、兵アリが守ってくれているそうです。
そしてシロアリと名前が付いていても、身体の色が白色以外のアリもいるそうです。
例えばキノコシロアリ類を始め、餌を野外などに探しに行くシュウカクシロアリ科の種類は、体色が白ではなく茶褐色や黒っぽいものもいるそうですよ。


シロアリ被害の赤信号

日本を含む熱帯地方でのシロアリの被害は多いですね。
その被害の多さは、シロアリ駆除社が多い事や、シロアリの防止の薬が増えてきた事からも明らかです。
家の近くにシロアリが飛んでいたり、家の庭から羽アリが発生したりしているだけでは、必ずしも家に被害が及ぶとは限らないそうです。

何故ならシロアリが巣を作るまでには、色々な試練があるからです。
例えば、羽アリとクロアリと間違える事もあります。そしてシロアリには、天敵が多くクロアリやカエル、鳥などに食べられたりする事もあります。
また、運良くカップルになっても巣出来る環境に恵まれない場合もあるそうです。
このようにたくさんの障害があるので、巣を作る事のできる羽アリは、とても少ないと言われています。

しかし、家の中などで羽アリを見かけた場合は、念の為群れの大きさや、飛び出して来た場所の位置を確認した法が良いですね。
また、もしシロアリが住んでいたとしたら、部屋などで見かけた羽アリの数は、被害の程度にも比例するそうですよ。

シロアリをあまり見掛けなくても以下の危険信号には気を付けて下さい。
床がブカブカしたり、ふすまやドアが、すんなり開け閉めできない。
浴室の窓枠、敷居が、水腐れしていたり浴室のタイルにヒビが入っている。

そして、シロアリは、風や光を避けたり木材の割れ目・すき間などに土を詰める蟻土を作る事もありますので、木材の割れ目やすき間に土が詰まっているのも注意が必要ですね。
土中の巣からトンネル状の蟻道を通って建物に侵入する事もあり床下の布基礎内部表面などに、地盤面から、土で固めたような道(蟻道)が出来ている事もあります。


シロアリ調査

家を作った人には、1番困る存在のシロアリ。

シロアリを放っておくと被害が酷くなり、家の板などがブカブカになる、タイルなどに被害が及び最後には、家屋崩壊の可能性まで出てきます。

その為、シロアリ除去の殺虫剤をホームセンターなどから購入し使用する人もいますが、巣に直接薬を掛けないと効果が無いそうです。
一時期羽アリを見かけたが見かけなくなると、シロアリが消えるという事は無いそうですよね。
何故かというと羽アリなどが飛び立つ時期は決まっていて、殆どが一年のうち二ヶ月程度だからです。

しかし、庭や家付近で見かけたなら、庭に巣を作っている、または羽アリが偶然家の周りを飛んでいただけの場合もるそうです。
他にも家屋のシロアリ被害などに木の劣化がありますが、他のアリや虫などが木に穴をあけて劣化させている場合もあるそうですよ。

でも素人の私達には、シロアリが居るか判断をするのは難しいです。その為に業者などに調べて貰う人もたくさんいるそうです。
最近の調査などは、無料または、格安で行っている業者も多くいますので便利ですね。
他にも気を付けて欲しい事があり、調査でシロアリの被害があると判断された場合、調査した業者に頼む事が普通だと言われています。
その為、悪徳業者などでは被害があると偽って不必要な工事を行う所が、あるのも確かですので気をつけて下さいね。

業者探しが難しいと思った方は、シロアリ相談所などが、都道府県に1つはあると思いますので相談するのも1つの手段ですね。


シロアリのフェロモン

あんなに素早く動き逃げ回るシロアリ。でもシロアリは、目が退化しているので、光を嫌っていて一生のほとんどを地中の暗闇の中で過ごしています。
しかし、シロアリの羽アリは光を嫌っているのにもかかわらず、光を恐れる事なく飛び出すと言われています。

飛び立つ時期は、春から夏にかけての間と決まっているので、その時期に多数の羽アリが同時に飛び出すことから、群飛と呼ばれています。
でも、飛び続ける時間は数10分程で、距離的にも数百メートル〜1キロメートルぐらいが限界だそうですよ。
そして地上に降りて、不要になったハネを落とします。 群飛が終わると、シロアリは根元からハネが落ちるようになっているそうです。
まさに、群飛を行うためだけに存在するハネなのですね。
ハネを落とした後は、雌の出すフェロモンに雄が寄ってきて、パートナーになり新居を作り、一生、夫婦仲良く暮らし子孫を増やして行くそうです。

でも眼が退化していて、見えないのに、どのように統制のとれた社会生活を送っているのでしょう。
シロアリは、フェロモンを出して社会生活を送っていると言われています。
フェロモンは雌が雄を誘引する性誘引フェロモンだけを使用するわけではないようです。
他にも女王と王以外が生殖力をもたないように制御している階級分化調節フェロモン。
また、フェロモンを地面につけ、自分や仲間が通路などで迷子にならない為の道しるべフェロモンなどがあります。
これらを使い分けて生活しているそうです。


シロアリ駆除剤

家の外敵っ聞いてあなたは何を想像しますか。
シロアリと答えた人も少なくないと思います。
現在は世界を始め日本各地でもシロアリ被害が増えていて、それと同時にシロアリを駆除する薬も増えていますよ。
自分で駆除が出来るイーライフさんのシロアリの薬を幾つか紹介しましょう。

シロアリ通行止めは、主に二ュージーランドや北欧、カナダでは40〜50年もの昔から防虫防腐剤として長く使われている商品です。
揮発性有機化合物を全く含まない商品で、住宅の室内空気も汚染しません。
中に入っているほう酸塩は、有効成分は無機物のホウ他にも人間の正常な皮膚からは吸収されないと言われています。
そして、もし子供などが間違って飲み込んでしまったとしても短時間で尿として排出されます。
白蟻を初めとする木材害虫などから木材を保護してくれます。

他にも無臭性で、プラスチックや金属などを侵しません。
魚毒性が低く、水に溶かして使う粉末タイプになっているので、溶解前は軽量で運搬も簡単で液漏れの心配もありません。


シロアリハンターは、シロアリの生態や習性を利用し、薬剤を散布せずに、巣ごと駆除する事が出来る新しいタイプのシロアリ駆除剤だそうです。
箱型で手も汚れない上に、安全性を見ても薬剤は、昆虫に特有に作用するものを使用しているので人畜に安全と言われています。
使用方法もシロアリが出没しやすい所に置くだけでオッケーです。

他にもシロアリがいるか確かめる事の出来るシロアリウォッチャーもありますよ。
電子的なセンサー技術を使用していて、シロアリが家にいるかどうかをお手軽に点検可能な日本初のシロアリ検知器です。


株式会社イーライフ
 〒581-0866
 大阪府八尾市東山本新町3-7-19
 TEL:072-922-2487
 FAX:072-922-2248
 IP-phone:050-5520-3584
■営業時間/9:00a.m.〜5:00p.m.
 (土・日曜/祝祭日は除く)


calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
リンク
fanfan
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
sponsored links