| main | AED >>

スポンサーサイト

  • 2009.07.18 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


熱帯魚の病気になる原因

熱帯魚の病気になる原因は、殆ど飼育環境が悪い為発生すると言われています。他にも新しく入れた魚や水草を持ち込む時も注意しないと、その魚が病気になっていたり、水草などに菌が付いていたりすると病気になる原因になります。
そして、熱帯魚の病気は厄介な物が多く、伝染性があったり、進行性が早かったり、他にも死んでしまうなんて事もあります。
発見が初期段階なら、水変えや水温調節、ろ過などを確認して直す事で自然に完治する事がありますが、ある程度進行すていれば、市販の魚病薬で治しましょう。
魚病薬を使う場合は、魚の症状を判断し病気を見極め、薬の説明を守って使用しましょう。

もし病気を早期に気付いたらトリートメントタンクなどを使い、病気を発生や進行を抑えるように隔離しましょう。
トリートメントタンクは、新しく飼った魚や病気になった魚を検疫するために投入する水槽の事で、小型の水槽と簡易フィルター、ヒーターがあれば十分なので、温度は飼育する水槽と同じ温度に設定して、病気の魚の場合は、租塩や魚病薬を1/4程度入れて1週間ほど薬浴させ、これで完治や発病などがないのなら、仲間の水槽に戻しても良いと思われます。


突然病気になって困らない為にも、事前に病気の勉強をしたり、薬の使い方を知ったりしておくのも必要だと考えられ、熱帯魚を初めて購入する人は、飼う熱帯魚の事をきちんと調べ、一緒に飼ってもいい物や、同じ水質で飼える物など下調べをしてから購入してください

スポンサーサイト

  • 2009.07.18 Saturday
  • -
  • 00:00
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
ので、参考になる非常に良い情報を共有していただきありがとうございます。それは熱帯魚の病気の原因としては、発生すると言われている正しいことウィル最も貧しい人々の生息地だ。
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
リンク
fanfan
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
sponsored links