| main | AED >>

スポンサーサイト

  • 2009.07.18 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


熱帯魚を飼いたいと思っている人

熱帯魚を飼いたいと思っている人は多くいると思います。その為にいつも頭に置いて欲しいのは熱帯魚の病気です。
人間など生き物が病気になるようにもちろん熱帯魚も病気になります。しかしその病気の原因の殆どが正しい飼い方をしていれば、起こらないものが多いと言われています。

初心者でも正しく薬などや用法を守った治療をすれば改善出来ると思われますが、その中で白点病と尾ぐされ病の2つの病気は、進行が進むと死に至る物が多く、熱帯魚の死亡の9割を占めている病気でこの二つの病気の説明をします。

白点病は、体表に塩のような白い点々が付き、まずは尾鰭そしてその後身体中にも現れ、このまま放っておいてしまうと死に至るどころか、水槽中に感染してしまい全滅する恐れがある、魚の病気の中でとてもかかり易い病気です。
初期や中期にかけては白点病に合った治療薬を使う事も可能です。しかし、薬によっては水草を枯らしてしまうのもありますので、熱帯魚ショップなどで確認をしてお調べしてみてくださいね。
また後期になると特別な薬や方法なども使う事もありますので、こちらも詳しい人や熱帯魚ショップなどに時価に聞いて見てください。
初期であれば租塩などで様子を見ていると治る事もありますし、白点病は高温に弱いので28度〜30度に水温をあげるのも効果があると言われています。

そして尾ぐされ病は、熱帯魚の身体に白い綿を被ったようになったり、尾ひれが溶けてしまったりする事があります。
他にもヒレの付け根が赤くなったり、眼の色が白くなったりなどの症状が出る事もあるようです。
その原因は、魚の身体に最近が取り付いた事によって病気になってしまう事が原因ですが、この最近は常に水槽内に居て元気であれば、取り付くことがない菌です。しかし水質の悪化や餌のあげ過ぎで水槽が汚れた為、免疫が落ちてしまった事により菌が取り付き病気になると言われています。
尾ぐされ病がまだ軽いうちなら掃除やろ過の交換などで治る事もありますが、ショップなどで効く治療薬を効いてみるのも良いかもしれませんね。




スポンサーサイト

  • 2009.07.18 Saturday
  • -
  • 00:00
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
リンク
fanfan
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
sponsored links