| main | AED >>

スポンサーサイト

  • 2009.07.18 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


エロモナス病

熱帯魚を病気にする、細菌の中で一番注意が必要なのがエロモナス病と言われていて、とにかく病気の進行速度が速く、1日で死んでしまうこともよくあるそうで、その死体を観察すると、体の一部に穴 があいていてそこが、充血していることが多いと言われています。

主な症状は、呼吸が荒くヒレや体表が充血していて、水平感覚も無くなり水面近くでふらふらしていることもよく見られるそうです。
そして症状が重くなると穴が開いてしまう事もあります。
この病気は、初期状況ならともかく、中期・末期に入ると投薬しても間に合わないことが多いので、感染を防ぐ為に、発病した固体を隔離し、本水槽にはパラザンDを規定量の半分くらい入れて様子を見るといいでしょう。

病気になった熱帯魚はトリートメント水槽に入れ、パラザンDを 症状に合わせて半分から規定量いれ治療をして下さい。
飼育の仕方は、餌は口元まで持っていき与えてみましょう。餌を食べるようなら望みはありますが、食べないようだと悲しいですが完治は難しいですね。


熱帯魚のヒゲやヒレががとけたりするのは、カラムナリス病(尾ぐされ病)の発病が殆どと考えられていて、初期は寄生虫がついている訳ではないようですが痒がり始め、気付かずそのまま放っておくと、ヒゲやヒレが固まってきたり解け始めたりし、元気もなくなってくるそうです。
これ以上に進行が進んでしまうと、抵抗力が益々無くなりエロモナス病を併発したり、ヒゲやヒレが完全に無くなって餌が食べられなくなり、死んでしまったりすこともあるそうです。


スポンサーサイト

  • 2009.07.18 Saturday
  • -
  • 00:00
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
リンク
fanfan
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
sponsored links