| main | AED >>

スポンサーサイト

  • 2009.07.18 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


熱帯魚なぜ病気になる?

見ていると優しい気持ちになる熱帯魚。飼っている人も飼いたいと思っている人も少なくないのではないでしょうか。
病気は生き物全てに共通するものなので、熱帯魚を飼う事で付き合ってはいけないのが熱帯魚の病気ですね。

人間の場合も体調管理不足などが病気の原因になってしまいます。それでは熱帯魚の病気の原因は、なんでしょうか。
熱帯魚の水槽飼育での病気の発生は、殆どが飼い主が気をつけていれば起こることの無い病気ばかりです。
今までの水槽飼育での病気発生の原因の多くが、水槽の掃除不足、水質の悪化、急激な水温の変化、新しくきた魚からの感染、病原菌を含んだ水や草、石などの持込、網で掬ったり、熱帯魚同士の喧嘩による傷など考えてみれば、飼い主が気をつけていれば改善される原因ばかりです。

面倒だと思ってしまうかもしれませんが、病気になってしまうと治療などに時間がかかり余計に大変な思いをしなければなりませんし、病気によっては、死んでしまったり、その魚だけでなく水槽全体の魚が全滅してしまったりする事もあるのです。
そして病気にかかったからといって、ただ薬を使うわけでなく、きちんと病状を見てその病気を把握して、その病気に合った薬を使ってそれと同時に他の魚への病気を防ぐ為に病気の発生原因を推測して取り除く事が重要になってきます。

そして熱帯魚にとって良好な環境を作る事によって、魚が本来持つ『自然治癒力』を引き出すと言う事も言われていて、飼育レベルの高いアクアリストであれば余程の重症魚でなければ薬を使用せず治療できてしまうそうです。
皆さんも飼育する際には、常に病気を頭の中に考えて熱帯魚に良い環境を作ってあげてくださいね。


スポンサーサイト

  • 2009.07.18 Saturday
  • -
  • 00:00
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
リンク
fanfan
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
sponsored links