| main | AED >>

スポンサーサイト

  • 2009.07.18 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


熱帯魚の病気予防

熱帯魚を飼っていると一度は、病気になると言われていて、それは初心者に多いと考えられています。
それは、初めて熱帯魚を飼育する人はまだ水槽を安定するのに慣れてないせいかもしれませんね。
熱帯魚の病気の殆どは、水槽の環境状態にあると言われています。それでは病気を予防するのは、どういったことに気をつければいいのでしょうか。

まずは水質です。水質が違うとPHショックと言う症状にかかり放っておいたら死亡する事もあるそうです。
熱帯魚と1纏まりに言っても、沢山の種類がいて、もちろん生息していた地域も違い、グッピーなどは弱アルカリ性を好み、ディスカスなどは逆に弱酸性を好むなどその熱帯魚に合う水質も違います。
水質が違うと病気の原因になるので気をつけて下さいね。
また、急激な温度の変化も熱帯魚には、一定の温度を好む熱帯魚には悪く、他にも水槽が汚れていると水質も悪化させてしまうので、水槽はこまめにお掃除して下さいね。

水槽の状態による病気意外にも自然の川などから拾ってきた石や水草などに細菌が付いていた場合にも、熱帯魚に感染し病気になる恐れがありますので、採取してきた時は別容器に入れしばらく様子を見てから水槽に入れてくださいね。
まれですが水槽の近くでバルサンなどの殺虫剤を使用した場合も死に至ってしまう事があるそうですよ。

でも熱帯魚を見ていると心が癒されてしまうのは、私だけでしょうか。
病気の予防に気を使いながら楽しい熱帯魚ライフを送って下さいね。


スポンサーサイト

  • 2009.07.18 Saturday
  • -
  • 00:00
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
リンク
fanfan
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
sponsored links