| main | AED >>

スポンサーサイト

  • 2009.07.18 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


シロアリのフェロモン

あんなに素早く動き逃げ回るシロアリ。でもシロアリは、目が退化しているので、光を嫌っていて一生のほとんどを地中の暗闇の中で過ごしています。
しかし、シロアリの羽アリは光を嫌っているのにもかかわらず、光を恐れる事なく飛び出すと言われています。

飛び立つ時期は、春から夏にかけての間と決まっているので、その時期に多数の羽アリが同時に飛び出すことから、群飛と呼ばれています。
でも、飛び続ける時間は数10分程で、距離的にも数百メートル〜1キロメートルぐらいが限界だそうですよ。
そして地上に降りて、不要になったハネを落とします。 群飛が終わると、シロアリは根元からハネが落ちるようになっているそうです。
まさに、群飛を行うためだけに存在するハネなのですね。
ハネを落とした後は、雌の出すフェロモンに雄が寄ってきて、パートナーになり新居を作り、一生、夫婦仲良く暮らし子孫を増やして行くそうです。

でも眼が退化していて、見えないのに、どのように統制のとれた社会生活を送っているのでしょう。
シロアリは、フェロモンを出して社会生活を送っていると言われています。
フェロモンは雌が雄を誘引する性誘引フェロモンだけを使用するわけではないようです。
他にも女王と王以外が生殖力をもたないように制御している階級分化調節フェロモン。
また、フェロモンを地面につけ、自分や仲間が通路などで迷子にならない為の道しるべフェロモンなどがあります。
これらを使い分けて生活しているそうです。


スポンサーサイト

  • 2009.07.18 Saturday
  • -
  • 00:00
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
リンク
fanfan
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
sponsored links