| main | AED >>

スポンサーサイト

  • 2009.07.18 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


シロアリとクロアリ

クロアリとシロアリは、全く違う種類だと知っていますか。
見た目で異なっている所と言えば、アリは「黒く堅い皮膚のおおわれている」のに対して、シロアリの働きアリの身体は、白くて柔らかいそうです。
シロアリは、アリの仲間ではなくゴキブリの仲間に属していて、他にもアリは甘いものを好みますが、シロアリは湿気が好きと言う違いもあります。

また羽アリの状態ではどちらも黒く見えあまり判りにくいので、クロアリか、シロアリかを判別する際には、主に触角、胴体、羽で判別します。
シロアリの羽アリは、生まれ育った巣から旅立ち、パートナーを探し新しく巣を形成するために飛び出したものだそうです。
それでもシロアリとアリの区別がつかず困った事がある方には、羽アリのシロアリとアリとの見分け方について幾つか紹介します。
まずシロアリは数珠状で直線、でもアリの触覚は「く」の字型をしています
また、アリの羽根を見ると前羽根が後羽根より大きいのに対し、シロアリだと、4枚ともほぼ同じ大きさ、形をしています。
他にもアリは頭部・胸部・腹部の境目が分かれていて、くびれていますが、シロアリは寸胴です。

シロアリの羽アリは、巣から出て4・5月の晴天の日のお昼頃発生して、明るい方へ飛び立つ事が出来ます。
そして6・7月の蒸し暑い日の夕方から夜にかけて発生、電灯など明るい所に集まる習性があります。

このように、羽アリは飛び立った後にすぐに羽根を落とし、雌雄がペアになり巣になる場所を求め歩き回ります。
しかし、飛び立った殆どの羽アリは、そのまま死に絶えるそうですが、生き残ったペアは2〜3年のうちに数万から数十万の働きアリを育てるのです。


スポンサーサイト

  • 2009.07.18 Saturday
  • -
  • 00:00
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
リンク
fanfan
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
sponsored links