| main | AED >>

スポンサーサイト

  • 2009.07.18 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


シロアリの正体

シロアリと聞くと夏になると出てくる虫で、木造家屋に棲みついて木材を食い荒らす害虫として嫌がられている印象が多いですね。
でも良く考えてみるとシロアリの事は、あまり知らない人が多いと思います。
そこで、ここではシロアリの事を詳しく説明しましょう。

シロアリは、昆虫綱のゴキブリ目シロアリ科の総称で、かつて独立目のシロアリ目に分類されていたそうです。
社会性の昆虫で植物の遺体などを食べ、熱帯地方を中心に陸上のほとんどの地域に存在していて、不完全変態なので幼虫は成虫とほぼ同じ姿だそうです。
シロアリの成虫になるまでには、ニンフと言う有翅虫の前段階の幼虫になり、その後、羽アリで成虫の生殖虫になります。
そのシロアリの翅は、4枚ともほぼ同じ大きさをしているそうで、そこから「等翅類」と名称されたそうです。

先程言ったように人間にとって木材を食べて生きているシロアリは、人間にあまり好まれていないようですね。
しかし、自然界においてはとても不可欠な存在のようで、セルロースなどの分解に携わる仕事をする重要な分解者だそうです。
また、シロアリと黒アリの羽アリは、羽があるとなかなか判りにくいですよね。
それを見分ける為の、一番の方法だとクロアリは堅い皮膚で覆われていますが、シロアリは柔らかいと言う違いがあります。
でも触って見るのは嫌ですよね。その時は羽の形で見分ける方法もあります。
クロアリの羽は前の羽が大きく、シロアリは4枚とも同じ大きさなのでそれで見分けるのも良いですね。


スポンサーサイト

  • 2009.07.18 Saturday
  • -
  • 00:00
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
リンク
fanfan
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
sponsored links